初回相談無料、スピード対応、休日・時間外は予約対応。春日井市、名古屋市の税理士は提案型の松本祐輔税理士事務所にお任せください。

2021年度 目玉補助金 事業再構築補助金 事前に準備しましょう①

こんにちは

緊急事態宣言がまた出てしまいました。コロナは今後も続いていくのでしょうか。ぜひ消えてほしいものです。

そんな中、令和2年度3次補正予算の概要が発表されました。国会で予算が成立しましたら、内容がきまっていきます。国も急いでいると思いますので、2月、3月中には内容が出るも形になりそうです。

まだ、正式決定前ですが、事業再構築補助金は予算枠が1兆1485億あります。

事業の趣旨目的は新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す、以下の要件をすべて満たす企業・団体等の新たな挑戦を支援しますとなっています。

補助対象要件としては、1、申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。2、事業計画を認定支援機関や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。3、補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加の達成。となっています。

補助対象経費は建物費、建物改修費、設備費、システム購入費、外注費(加工、設計等)、研修費(教育訓練費等)、技術導入費(知的財産権導入に係る経費)、広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)等が補助対象経費に含まれます。補助対象企業の従業員の人件費及び従業員の旅費は補助対象外です。

補助額は通常枠で100万円〜6,000万円です。補助率は3分の2です。

対象事業例

小売業

衣服販売業を営んでいたところ、コロナの影響で客足が減り、売上が減少

店舗での営業規模を縮小し、ネット販売事業やサブスクサービス事業に業態を転換。補助経費の例:店舗縮小にかかる店舗改修の費用、新規オンラインサービス導入にかかるシステム構築の費用など

製造業

航空機部品を製造していたところ、コロナの影響で需要が減少

当該事業の圧縮・関連設備の廃棄等を行い、ロボット関連部品・医療機器部品製造の事業を新規に立上げ。補助経費の例:事業圧縮にかかる設備撤去の費用、新規事業に従事する従業員への教育のための研修費用など

飲食業

レストラン経営をしていたところ、コロナの影響で客足が減り、売上が減少

店舗での営業を廃止。オンライン専用の注文サービスを新たに開始し、宅配や持ち帰りの需要に対応。補助経費の例:店舗縮小にかかる建物改修の費用、新規サービスにかかる機器導入費や広告宣伝のための費用など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です